Chamaedorea microspadix(チャマエドレア ミクロスパディクス)




2021.6.24
雌花が咲いたので、チャメドレア ラディカリス(アルボレセント)の花粉を付けてみたところ2つ残って膨らんできました。

ミクロスパディクスxラディカリスのハイブリッド1号になるかな


2021年6月
ラディカリスと一緒に露地植えしました。

春から既に直射日光に慣らしてあります。
エアコン室外機からの熱風と長時間直射日光が当たる環境です。
暑さに極強のセリフェラを置いて風よけにしています。



2021年2月後半 低温でおそらく休眠中







ここは北向き 冷たい北風で上の方はダメージを受けています


2020年9月 Chamaedorea microspadix 実生2年生 













こちらは Chamaedorea radicalis (チャメドレア ラディカリス)

レアパームシードから入手した種から。同ロットの種子から1/8くらいの比率で葉の幅が広いタイプがでました。
ミクロスパディクスと似ています。比較するとこちらのほうが葉の厚みがある感じ。
今後の成長過程を観察していきたいと思います。




2020年夏 Chamaedorea microspadix




戻る