シルバークイーン移植計画

シルバークイーンを来年の春に埼玉県へ移植することになりました。
堀上げが困難なので幹から根を出して取り木で行ないます。
果たして巨大なヤシの木でできるのだろうか?


2021年4月27日

移植の1年前から幹から根を出す準備をすることにしました。根出し成功しなければ移植が出来ません。


幹の表皮を削ってあぜシートで囲みリベットで固定します。

大きいポリ袋を開いてあぜシートの内側に入れてメネデールと殺菌剤をしみ込ませたミズゴケを一杯に詰め込みました。
あぜシート1周200p。

トップは幹を伝って雨水が入り込む程度に軽く縛ってあります。



5月25日
あぜシートを1段追加しました。


6月9日
6月前半にして33℃。黒いあぜシートが太陽光を吸収して熱々になるので遮光ネットを付けました。

あぜシートが膨らんでリベットが外れていました。

おお…これは根だ…

後日リベットを外してみよう



6月16日

あぜシートのリベットを外して内側を覗いてみました。

根が出ていました!

このまま伸びると土に潜り込んでしまいます。

この根っこが土に潜らないように止められないだろうか。それとも上から出る根に期待するか。


その2へ(2021年7月10日)


戻る